中小企業診断士の年収と合格率は?

MENU

中小企業診断士になるには?

中小企業診断士,独学,過去問,勉強時間,年収,受験資格,合格率

中小企業診断士の仕事とは?わかりやすく解説!

 

 

中小企業診断士の試験難易度は?

中小企業診断士になる為には、当然ですが国家試験である中小企業診断士の試験に合格しなければなりません。

 

中小企業診断士の勉強時間は一説によると800時間から1000時間くらいと言われています。実際に中小企業診断士のような仕事をされている方は800時間で充分かもしれません。
行政書士で1000時間ほどですので、難易度は行政書士より少し優しい程度です。
つまり、独学で勉強してもなかなか合格する事は難しいでしょう。
通信講座や通学講座でしっかり過去問を学習するのが一番の合格への道かもしれません。

 

中小企業診断士の仕事内容

中小企業診断士の仕事内容は、いわゆる「経営コンサルタント」の仕事と同じです。
簡単にまとめると、企業の問題点を様々な資料などから読み解き、解決策などをアドバイスしたり、サポートしたりするのが仕事です。
企業は、自分たちで問題点を認識して解決できれば言う事ありません。
しかし、経営が悪化してしまった場合、何が原因なのか判らないという事も良くある話です。
中小企業診断士は、様々な知識から問題点を第三者の目でどんどん洗い出します。
その上で大胆な改善などを提示することもあるでしょう。

 

どうするかは中小企業診断士のアドバイスを聞いた経営者の判断ですが、経営を良くするために中小企業診断士はなくてはならない存在でもあります。

 

中小企業診断士はどんなところに就職?

中小企業診断士の資格は、コンサルティング的な要素が大きいため、経営コンサルタント会社などの求人がたくさん出ています。つまり、経営コンサルタント会社で働く人が多いです。
他にも、銀行系や会計系、一般企業などで需要がありますが、中小企業診断士だけだと難しい場合もあるでしょう。

 

ただし、経験や実績を積めば、経営コンサルタントとして独立開業ができる資格でもあります。将来的に、独立開業を考えているならば、経営コンサルタント会社で経験を積んだ方が良いです。

 

中小企業診断士の年収

中小企業診断士になるとどれくらいの年収が期待できるのでしょうか?
中小企業診断士の初任給では、300万円から400万円くらいが多いです。
平均年収は500万円ほどですが、多い方だと700万円以上もらっている方もいます。
また、独立開業して多くの顧客が持てるようになると800万円以上の年収になることもあるでしょう。

 

初任給は一般のサラリーマンと変わりませんが、実力次第ではかなりの高収入になるのです。まずは、中小企業診断士の資格をしっかり取って将来設計をするようにしましょう。

 

中小企業診断士の資格の概要

中小企業診断士,独学,過去問,勉強時間,年収,受験資格,合格率

受験資格

受験資格は特にありません。
国籍・性別・年齢・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験できます。

 

合格率

中小企業診断士の試験は1次試験だけではなく、2次試験と口述試験があります。

 

平成23年から平成29年までの1次試験の合格率は16%から26%まで幅があり、平均して20%ほどです。中小企業診断士の2次試験も同じく20%ほどになります。2次試験の口述試験は、わずかな人しか落ちる事は無く、合格率が99%か100%です。

 

また、2次試験に合格してもそのまま中小企業診断士の資格が取れるわけではありません。15日間以上の実務補習が必要です。
試験合格後の3年以内に実務補習が必要になりますので気を付けましょう。

 

試験日

例年、中小企業診断士の試験はこのような日程や試験日で開催されています。

 

中小企業診断士試験日程
  願書配布 願書受付 試験日 合格発表
1次試験 5月上旬~6月上旬 5月下旬~6月上旬 8月上旬の土日2日間 9月上旬
2次試験(筆記) 8月上旬~9月中旬 9月上旬~9月中旬 10月中旬の日曜日 12月上旬
2次試験(口述) - - 12月中旬の日曜日 12月下旬

 

 

受験料

中小企業診断士 1次試験受験料 14,400円
中小企業診断士 2次試験受験料 17,900円

 

出題内容
第1次試験の内容

「経営に必要な基礎知識」
経済学・経済政策
財務・会計
企業経営理論
運営管理(オペレーションマネジメント)
経営法務
経営情報システム
中小企業経営・中小企業政策

 

第2次試験の内容

「中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 」
中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 I
中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 Ⅱ
中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 Ⅲ
中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 Ⅳ

 

科目合格の場合は、翌年度と翌々年度の第1次試験を受験する際、申請により当該科目が免除されます。
3年間ですべての科目に合格すれば、第1次試験合格となります。

 

申込方法

(社)中小企業診断協会から試験案内を入手します。
入手方法は2つあります。

 

(社)中小企業診断協会に出向いて直接入手
郵送で(社)中小企業診断協会に請求して入手

 

試験案内に受験申込書と払込用紙が閉じこまれているので、受験申込書に必要事項を記入し写真を添付して払込用紙にて受験手数料を払い込んでください。

中小企業診断士の年収と合格率は? <関連ページ>

公認会計士
公認会計士は超難関資格として有名ですが、どうしたらなれるのでしょうか? 公認会計士の仕事内容や就職先、年収や試験の難易度など様々な角度から公認会計士がどのようなものかをご紹介します。公認会計士は監査業務が主な仕事にはなりますが、監査法人以外の職場では、監査業務以外の仕事がメインになってくるような場合もあります。 公認会計士の資格は超難関ですが、合格すれば年収アップも独立開業は確実なものとなります。
税理士
税理士の資格は難しいと言われますが、仕事内容や年収、就職先などはどうなっているのでしょうか? 税理士の仕事や年収を知ることで、資格取得への意欲が湧くでしょう。 また、公認会計士と税理士は同じような仕事の印象がありますが違います。税理士と公認会計士の違いや、税理士の仕事内容・年収・就職先の他に資格の概要についてご紹介します。
日商簿記検定2級
日商簿記検定とはどういう資格なのでしょうか?会計は経理の知識を学ぶ資格というのはわかりますが、もう少し詳しくご紹介すると、どんな仕事にも必要とされるオールマイティーな資格だということがわかります。また、全商や、全経の資格とどうちがうのか。資格を取るとどのような所に就職可能なのでしょうか?就職先の概要や試験の合格率・日程・種類や過去問についてもご紹介します。
社会保険労務士
社会保険労務士は女性に人気がある国家資格ですが、どんな仕事内容で就職や収入はどうなっているのでしょうか?受験資格や試験の合格率、難易度など調べてみました。これから社労士を目指される方は参考にしてください。
建設業経理士
「建設業経理士」という資格の名前は知らなくても、一般的な簿記検定は会社の経理の知識を問われる資格だということはご存知かと思います。簿記検定の試験内容には商業簿記と工業簿記の2種類がありますが、建設業経理士は工業簿記の内容に近いです。中小企業が多い建設業の経営基盤を強化する目的と、会社法で建設業が別記であることから、建設業経理検定制度が作られました。現在、名称が「建設業経理士検定」に変更されています。1~4級まで資格があり、それぞれ合格率や難易度、過去問題、解答、申し込み方法について詳しく紹介します。
メンタルヘルスマネジメント検定
メンタルヘルスマネジメント検定は職場の役割に応じて、心の健康管理に必要な知識や対処方法を習得するための資格です。働く人たちの心の不調を未然に防ぐための取り組みとして関心が高まっていて、活力のある職場づくりを目指すためにも必要とされる知識や対処方法を習得する資格です。III種の合格率は75%とさほど高くありませんが、I種になると合格率も下がり、難易度の高い資格となります。独学で勉強するには、公式テキストや過去問問題集の利用をおすすめします。
IPO実務検定
IPO実務検定は企業の上場準備の専門知識を持ち、成長企業や監査法人、証券会社などの就職に役立つ資格です。企業の上場をするには様々な審査を必要とするため、専門の知識をもった人が必要なのです。合格率は60%と比較的難易度が低いですが、合格者は専用のサイトで求人情報を見ることができるなど手厚くされている試験です。上級と標準レベルがあり、標準レベル試験は独学で取得することが可能です。全国に試験会場が多くあり、CBT方式で随時試験が実施されているので試験日もチョイスが可能です。
財務報告実務検定
財務報告実務検定は企業の内部情報を開示する、財務報告書の作成担当者のスキルアップのための試験です。連結実務演習編と開示様式理解編の2つの試験に分かれており、公式テキストによる独学の勉強方法で合格可能な難易度です。TACでは複数の講座を準備し、会計系講座割引でお得に受講をすることができます。