会計・経営・労務の資格とは?どんな仕事に活かされるの?

MENU

会計・経営・労務の資格とは?どんな仕事に活かされるの?

資格,会計,経営,労務,業務

会計・経営・労務関係の資格にはどんなものがある?

 

会計・経営・労務の資格には超難関の国家資格から民間資格まで様々な種類のものがあります。
資格を取得するまでに数年の時間がかかるものもありますが、簡単なものだと短期間で取れる資格もあります。
自分の希望する業種に合う資格を探してみましょう。

 

公認会計士

公認会計士は司法試験の次に難しい国家資格で超難関です。
かなり高いレベルの学力が無いと難しいと言われています。
難しい資格ではありますが、合格すれば監査法人や会計企業に就職できるでしょう。
主な業務は大企業の監査です。
近年、合格者が急増していますが、企業でも役立つ資格なので持っていれば就職に困ることはありません。

 

税理士

税理士は公認会計士の次に難しい国家資格です。
5科目に合格する必要がありますが、何年以内という期限が生涯無いので、何年もかけて合格される方もいます。
税理士の仕事内容は企業や個人の税金の相談を受け、納税に関する指導や会計処理のお手伝いをすることです。
適切な税務申告をするために難しい税金に関する法律知識を有しています。

 

簿記検定

簿記検定は、簿記や会計能力を証明する資格です。日商・全経・全商など複数の資格がありますが、一番認知度が高く転職にも有利なのが日本商工会議所が主催する日商簿記検定です。
級は1級から3級までと新たにできた初級があります。
日商簿記2級所持というと、感心されることも多いでしょう。
日商の簿記検定以外にも資格はあり、全経上級は全国経理教育協会主催、ビジネス会計検定は大阪商工会議所主催の簿記検定です。
どちらも持っていることで、経理や会計などの仕事に就きやすく、パソコンを使った会計ソフトの処理、会計業務などの仕事ができます。

 

社会保険労務士

社会保険労務士の資格は、難しい国家資格ではありますが勉強次第では取れない資格ではありません。
社会保険労務士の個人事務所や企業などで働ける他、企業内の総務としての道もあるでしょう。
労務管理のコンサルティング業務の他、労働や社会保険に関する事務手続きの代行を行います。

 

中小企業診断士

資格,会計,経営,労務,業務

中小企業診断士は、中小企業の合理化を目的とした国家資格で、いわゆる経営コンサルタント的な仕事を国が認めた資格です。
中小企業診断士の難易度は社会保険労務士と同程度と言われています。
努力次第で取れる資格ですので、チャレンジしてみるだけの価値はあるでしょう。
企業の経営診断を行いアドバイスができる資格なので、転職の他、キャリアアップのために取得する人もたくさんいます。

 

建設業経理士検定

資格,会計,経営,労務,業務

建設業に合わせた会計処理の簿記検定としてなくてはならない公的資格です。
建設業では、建設業経理士を規模に応じておかなければならないという規定がある為、毎年数多くの人が受験していいます。
1級2級は建設業経理士、3級4級は建設業事務士といって差別化され、建設業では2級以上の建設業経理士を置く義務があるのです。
仕事内容は、建設業における会計業務全般になります。
簿記の学習をしたことがある人は建設業経理士2級なら数が月で合格できます。
私も建設業経理士2級を持っていますが、3ヶ月間集中的に勉強して1発合格しました。

 

経営士

経営に関する指導やアドバイスができる経営コンサルティングの民間資格です。
他の資格と合わせて持って独立開業する人もいます。
主な就職先は、経営コンサルティング会社や企業などで、指導的な立場としても活躍できます。

 

メンタルヘルス・マネジメント®検定

 

大阪商工会議所が主催する公的資格で、メンタルヘルスケアを学ぶ検定です。
企業内で様々なストレスにより心の病を発症する労働者が増えていますが、企業内の労務・総務として労働者のマネジメントをする時に役立つ検定試験になります。
労働者間の様々なトラブルの解決や心の病に対する防止策などを積極的に定義し、企業無い活動が効率的に行えるよう支える仕事です。

 

経営労務コンサルタント

人事労務に関する改善指導を行う事ができる民間資格です。
企業内の人事や労務などで活躍できるほか、他の国家資格などと併せ持つことで役立つ資格になります。

 

IPO実務検定

資格,会計,経営,労務,業務

IPO実務検定は、株式上場準備などを担当できる知識を問うもので、実務に忠実な民間資格です。
株式上場を目指す企業から採用されるほか、ベンチャー企業でのニーズも高まりつつあります。株式上場の為の準備を主に担当しますが、上場後も株式関連の仕事を任されることが多いです。

 

財務報告実務検定

財務報告実務検定は、決算内容を正しく投資家に伝える為の知識を問う民間資格です。
中小企業や大企業の経理部門、会計部門などで活躍できます。
実務的な要素が強いため、資格取得後、決算時に役に立つことが多いです。
コンピューター上での試験になります。

会計・経営・労務の資格とは?どんな仕事に活かされるの?記事一覧

公認会計士の仕事とは?わかりやすく解説!公認会計士の仕事内容は大きく分けて次の4つになります。監査業務会計業務の指導税務業務コンサルティング業務公認会計士は、企業が作成した決算書に間違いなどが無いかチェックする監査業務を行います。特に大企業では監査業務が重要なので、大手企業の仕事を取り扱う事も多いです。大企業での監査は複雑で仕事量が多いですが、その分やりがいもあり、収入に反映されるでしょう...

税理士の仕事とは?わかりやすく解説!税理士は主に企業や個人事業主などの納税サポートを行うというのが仕事内容になります。公認会計士は納税サポートというよりは、大企業の監査を行う立場にあり、税理士はその他の個人事業主や中小企業などの税金に関する監査業務などのサポートを行う立場で、税理士と公認会計士は似ているようで違う立場にある仕事です。具体的には、中小企業などが会計ソフトなどを使ってまとめた決算資料な...

日商簿記検定2級を持っている人はどんなところに就職?日商簿記検定2級保持者の就職先には次のような所があります。保険会社、証券会社、人材派遣会社、コンサルティング会社、不動産会社、情報通信会社銀行、信託銀行、コンサルティング会社、会計士・税理士事務所、設計事務所、調査会社OA販売会社、広告代理店、工務店、小売店、コンピュータメーカー、自動車メーカーハウスメーカー、百貨店他にも多業種の就職先があるでし...

社会保険労務士の仕事とは?わかりやすく解説!社会保険労務士の資格は業務独占資格であり国家資格になります。社会保険労務士の難易度は、行政書士と同程度で、税理士よりは簡単です。仕事内容は、厚生労働省が管轄する法律を元に様々な企業内のトラブルや手続き等を行います。例えば、人事や雇用に関する相談を受け、指導、労働トラブルやリスクの相談、就業規則や雇用契約書の作成や改定、労働災害や社会保険、雇用保険に関する...

中小企業診断士の仕事とは?わかりやすく解説!中小企業診断士の試験難易度は?中小企業診断士になる為には、当然ですが国家試験である中小企業診断士の試験に合格しなければなりません。中小企業診断士の勉強時間は一説によると800時間から1000時間くらいと言われています。実際に中小企業診断士のような仕事をされている方は800時間で充分かもしれません。行政書士で1000時間ほどですので、難易度は行政書士より少...

「建設業経理士」という資格の名前は知らなくても、一般的な簿記検定は会社の経理の知識を問われる資格だということはご存知かと思います。簿記検定の試験内容には商業簿記と工業簿記の2種類がありますが、建設業経理士は工業簿記の内容に近いです。中小企業が多い建設業の経営基盤を強化する目的と、会社法で建設業が別記であることから、建設業経理検定制度が作られました。現在、名称が「建設業経理士検定」に変更されています...

仕事や職業生活でストレスを抱える人は増加しており、心の不調から体調の不良を訴え、休職や離職する人も増えています。働く人たちが自分の能力を最大限発揮し、仕事や職場で活躍するために、心の健康管理であるメンタルヘルスマネジメントへの取り組みが求められています。働く人たちの心の不調を未然に防ぎ、活き活きした職場づくりを目指すことが必要です。そのため、職場の役割に応じて必要な知識や、心に不調を持つ人への対処...

IPO実務検定は企業の上場準備の専門知識を持ち、企業の内部から上場の準備を支えることができる人材を育成する資格です。企業の上場には監査法人による会計監査を受け、証券会社による引受審査、証券取引所による上場審査に合格しなければなりません。そのために膨大な量の上場申請書類を作成する必要があります。また、限られた時間で証券会社の審査部からの質問に回答するなど、専門的な実務のスキルが求められます。しかし、...

難易度,テキスト,独学,勉強時間,TAC,過去問,勉強方法上場企業には投資家や取引先などに対し、企業の業績や経営内容に関する情報を開示する責務(ディスクロージャー)があります。金融商品取引法、会社法、証券取引所で定められた適時開示の3つの制度に基づき、財務報告書を作成し、開示する必要があります。財務担当者ひとり一人が全体の進行を理解しながら作業を進めなければ、首尾一貫した財務報告書を作成できません...